平成三十年度 出陣ねぶた
 
岩木川[いわきがわ] 龍王[りゅうおう]武田定清[たけださだきよ]

 青森県中泊町武田[なかどまりまちたけだ]地区。十三湖[じゅうさんこ]にほどちかい岩木川下流に位置するこの地区は、昭和三十年まで武田村であった。

 冠する「武田」の名は、その地の治水開拓に尽力[じんりょく]した弘前藩士 武田源左衛門定清[たけだげんざえもんさだきよ]に由来するものである。

 時は江戸、弘前藩中興[ひろさきはんちゅうこう]の祖 四代藩主信政[のぶまさ]公の世。新田開発や治水・灌漑[かんがい]工事に力を入れた信政公に、才覚ありと取り立てられたのが武田源左衛門定清である。

 当時の岩木川は、自然そのままで、駒越川[こまごしかわ](現在の岩木川)と樋ノ口川[ひのくちがわ](現在の弘前城西濠[にしぼり])の二本に分かれていた。

 雪解けや大雨の度に氾濫[はんらん]を繰り返し、城下町や下流域を襲い、洪水に水害と猛威を奮い続ける脅威の存在であった。

 そこで延宝[えんぽう]二年(一六七四)、信政公は二十八歳の源左衛門を岩木川穿替[ほりかえ]工事の惣奉行[そうぶぎょう]に命じ、天和[てんな]二年(一六八二)には桶ノ口川を留め切り、二本の川を一本にして岩木川とすること、また岩木川二十四里(約八十キロメートル)の堤防築造大工事と下流域の治水と新田開発の推進を申し付けた。

 濁流[だくりゅう]となって暴れくる岩木川と対峙[たいじ]し、治水の陣頭指揮[じんとうしき]をとる源左衛門。すると、どこからともなく龍王が顕現[けんげん]し、その清らかな流れをもって濁流を制すると、しずしずと流れは収まっていった。

 龍王の加護[かご]の元、源左衛門は信政公の期待に応え、岩木川治水工事を見事完遂。岩木川流域の土地と人々の生活を守ったのであった。

 激しく荒れ狂う岩木川に挑む武田源左衛門定清と[]の者に清流の力を与えんとする龍王の姿である。

解説/竹浪 比呂夫